2019年10月24日

You are here:  / 産まれてくる子供の名前、どうやって決めたらいいの!?

産まれてくる子供の名前、どうやって決めたらいいの!?

産まれた季節を連想させる

産まれた子供に名前を授けるとき、一生その名前で過ごすのだと考えると、どんな風に名前を考えればいいのか見当もつかない方が多いのではないでしょうか。全く名前が浮かばない方にお勧めなのが、子供が産まれる季節を連想させる漢字から名前を考えていく方法です。夏なら海、葉、冬なら雪、柊といったように、季節というくくりで漢字を考えていくと、名前の候補が出てきやすくなります。その中で、使いたい漢字が見つかるかもしれません。

簡単な漢字やひらがなを使う

難しい漢字の名前は、しっかりとした印象を与えます。しかし、子供が自分の名前を正確に書けるようになるには、多少の時間が必要になります。子供が自分の名前を書くことを考慮して、名前をつけるのもいいかもしれません。小学生低学年で習う漢字を使っていると、学校で自分の名前の漢字を習ったときの喜びが大きいでしょう。簡単な漢字を使っていると、他の人から覚えてもらいやすいというメリットもあります。辞書で字画の少ない漢字を見ながら、候補となる名前を考えてみましょう。

どんな子に育って欲しいかを考える

子供に将来、どんな風に育ってもらいたいかを考えてしまうのは、どの親も一緒ではないでしょうか。そのイメージから漢字や名前を考えるのもいいかもしれません。優しい子に育って欲しいのであれば、優、心という漢字、元気に育って欲しいと願うのであれば陽、といった漢字を使うと、ご両親の願いが名前に込められると思います。夫婦2人でどんな子になって欲しいかを話ながら、使う漢字を候補に上げていくと、名前も決まりやすくなるかもしれません。

姓名判断とは、人の姓名からその人の性格や運勢などについての事柄に解釈を与え鑑定する、占いの手法のひとつです。占い師によって解釈の仕方は多少異なります。